そしてそれは高速道路でも同様、法定速度で走っている分には全く違和感なく走る事ができ、道路の繋ぎ目でも跳ねることなく疲れにくい安定走行が可能。一般道同様にロードノイズも抑えられていて時間が経つとスタッドレスタイヤを履いている事すら忘れてしまうほどの快適なドライブを実現してくれた。

 

降雪地でなくとも早期装着したことで、冬場の安心安全カーライフが実現出来ると思わせてくれ、想像していたデメリットを感じさせない結果となった。早期装着、オススメです。

 

オーテックジャパンが、創立30周年を記念して30台限定で販売したマーチボレロA30。

 

価格は356万4000円で 、高い走行性能を実現するため、エンジンをはじめとして足回り、ブレーキをチューニング。高級感を演出するため、インテリアまで手を加えられたコンプリートカーです。

 

そしてまたここには、視覚的な証拠となる要素、デモ、ケーススタディ、テスティモニアル(消費者や有名人による推薦文)を追加する。事実、私はこのセクションに到達するより前にテスティモニアルを掲載することはしない。

 

なぜなら、早い段階で提示されたテスティモニアルは「これは売り込みだ」と主張し、読者に敬遠されてしまいやすいからだ。多くの場合、お客さまの声は宣伝文の後半に提示することで、反応は増加する。

 

オファーを提示し、その価値を売り込む。ベネフィットを列挙し、詳しく説明する(製品の特長の説明は「E」のセクションで開始したが、このセクションで話すことは、ただひたすらベネフィットについてだ)。そして「E」のセクションで説明した特長にそれらのベネフィットを結びつける。読者が自分の問題を強く認識しているなら、テスティモニアルを早めに持ってきても差し支えない。これによって反応が上がったことも少数だがある)

 

ひとたび読者らが啓発されてしまえば、次のステップは…このセクションでは読者をオファーに興奮させる。ここは販売の大部分を実際に行う部分であり、ここでの「S」は「Sell」の略でもあると言える。